しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

【明日から行かない】新卒で入った会社を1ヶ月で辞めた具体的な方法

需要がありそうなので書きます。

僕は仕事が辛くて1ヶ月で新卒で入った会社を辞めてしまいました

詳しくは下の記事に書いてあります。

新卒で入った会社を辞めました 職場と経緯 - しんのブログ

あのまま続けてても精神的に病んでしまうか、精神的に病んでしまうことを自覚できずに、頭がおかしくなっていたかもしれないので辞めてよかったとは思っています。

また、この方法は明日から行かなくても大丈夫になります。社会的には非常識なので大丈夫とは言えませんが。。。新卒じゃない方も、もちろん使えるやりかたです。

f:id:ba9man21:20170527150852p:plain

記事の最後に、勇気がもらえる本も紹介していますので、最後までお読みいただけると幸いです。

もくじ

新卒で入った会社を1ヶ月で絶対辞められる方法

起きたら、心療内科に行って、診断書をもらい

その診断書を持って会社に提出します。

まあ別にこれといって新しい方法ではないですが、どうしても明日からもう行きたくない!という方にはオススメです。

ここからは

  • 診断書の書いてある内容について
  • 診断書はすぐにもらえるのか?
  • 僕がお世話になった心療内科
  • 心療内科に行くために当日欠勤する方法
  • 心療内科と診断書の料金
  • 心療内科に着いてから終わるまでかかった時間
  • 仕事を辞めているか迷っている方へ

を書いていきます。

診断書の内容

仕事による影響で眠れなかったり、食欲がなくなったり、三大欲求が妨げられるようなことがあったら、それは抑鬱状態です。僕は仕事が辛くて「ああ明日またあの辛い仕事するのか」と考えたら辛くなってしまって、たまに変な汗をかいていたり、疲れているはずなのに眠れなかったりしたので軽い不眠でした。

この状態を心療内科の先生に話すと、「これは抑鬱状態ですね。鬱の手前の症状です。翌月末まで、いわゆるドクターストップということで休むように診断書を書いておきますので、これを会社に提出してください。」と言われました。

このドクターストップの診断書を出して休んでいる間に退職届を出して辞めるという流れも教えてもらいました。

本当に辞めていいかわからないといった方も、とりあえず自分の状態をしっかり医者に話しましょう。辛い状態のときは自分を客観的に見れないこともあります。まず自分を客観的に見てもらいましょう。

診断書はすぐにもらえるのか

僕は心療内科に行って当日すぐに診断書が欲しかったので、当日診断書がもらえる心療内科を何軒か電話して探しました。できるだけ近所の心療内科が良かったのですが、個人の心療内科は予約が必要だったり、何週間かの相談ののちに診断書を出すといった心療内科ばかりです。それではどこへ行けば当日診断書がもらえるのでしょうか。

僕がお世話になった心療内科

個人でも当日診断書が出るところもあるとは思いますが、とりあえず個人はやめて、遠くても貰えるところへ行こうと思い、「新宿 心療内科」で調べたら、「ゆうメンタルクリニック」が一番上に出てきたので「ゆうメンタルクリニック」に電話して、当日診断書がもらえる可能性があるということと、当日でも診断を受けられるということで、電話で軽い予約をし、新宿院へ行きました。

yusn.net

こちらの記事が心療内科初めての方へに、わかりやすく書いてあります。

yusn.net

心療内科に行くために当日欠勤する方法

僕は夜勤だったので、日中に行けましたが、心療内科に行きたいけど仕事があって行けないという人もいると思います。

そういう方は、「もう辞めてしまうんだし評価もクソもあるか」という思いで、「頭が物凄く痛いので病院に行ってきます」と会社に電話しましょう。それで休めないような会社なら尚更、早めに辞めた方が身のためです。もう休んでしまいましょう。

心療内科と診断書の料金

僕は全部で6500円くらいでした。(保険証使えます)

心療内科の診断料金が初診料とか諸々で2000円。診断書が4500円でした。診断書はただの紙っぺらなのですが4500円もして、最初ビックリしましたが、仕事を辞められるのならこれくらい安いと思いました。とりあえず10000円あれば足りると思います。

どれくらい時間がかかるのか

電話予約して行って約一時間程度で終わりました。待ち時間が30分、診察時間が15分、病院を出るまで20分程度でした。平日の昼でした。これは僕がかかった時間なのでその日の混み具合や、自分の症状次第では、もっとかかるかもしれません。

仕事を辞めるか迷っている方へおすすめな本

仕事を辞めるというのは、会社に入るとき以上にパワーが必要だと思いました。上司に話すのも僕もすごく辛かったです。自分が頑張って就活して入ったからとか、自分のやりたかったことだったりすると、自分でブレーキをかけてしまうことがあります。僕は、働かなくても楽しく生きる方法みたいな本を読んでいたおかげで前に進めました。仕事を辞めても死ぬわけではありません。仕事を辞めたからもう一生結婚できないとか、友達がいなくなってしまうとか、そんなことはありません。0か1かで考えるのは非常に危険です。自分を大切にしましょう。

僕は下の本を読んで楽になりました。こんな生き方があると「知っている」のと「知らない」のでは大きく違います。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 
年収90万円で東京ハッピーライフ

年収90万円で東京ハッピーライフ

 

書店が遠いとか、すぐに読みたい方はkindle版でダウンロードしましょう。

pha著「ニートの歩き方」公式サイト

ニートの歩き方は上記サイトで試し読みが可能です。

さいごに

さいごに僕から伝えたいことは、辛いことから逃げることは悪くないということです。

日本は辛いことから逃げることへの圧力があります。僕も上司から「逃げてばっか」と言われました。でも逃げることってそんなに悪いことでしょうか。逃げられなくて崖の端に追い詰められて死んでしまうよりはマシだと思います。日本にたくさんいる、こんなのできて当たり前星人からの圧力からなるべく避けて、今の自分を大切にしましょう。