しんの楽勝ブログ

報告と頭の整理的な役割を果たしている

持久走大会が嫌いだった

持久走大会が嫌いだった。昔から無意味に走ることが嫌いだった。

何事にも意味が見出せないと集中できない。バスケットボール部のときは目的があるから走れたけど、無意味に走る体育の授業とかが意味がわからなかった。

高校の頃、田んぼを走る4キロ走というのがあった。

男子は4キロ、女子は3キロ。

俺は4キロ走が嫌いだった。いつもビリから3番目とかだった。やる気の無いヤンキーも走るとなると元気になって早かった。だから俺はいつもタイムがやばかった。いつもいつもギリギリを攻め過ぎた。

体育の授業のあとのクーラーの効いた教室は好きだった。体力ゲージの回復が感じられる。

あー気持ちいいとそのまま次の授業を寝て過ごす。いつも窓際の席が俺の席だった。

高校生バイトと昼休みのマリオカートの思い出しかないけど楽しかったな