しんの楽勝ブログ

報告と頭の整理的な役割を果たしている

旅行の効果

旅行に行ってもただネットサーフィンするだけなんだけど、最近それ以外のメリットを見つけた。職場の話したことがない人と、「出身地」について話すとき、行ったことがある場所だと打ち解けが早いということだ。

Aさん「新潟出身です」

俺「高校生のころよく南魚沼市にツーリング行ってました」

とか言うとその人が南魚沼市ではなかったとしても、自分の故郷の近くに来てくれたということで、その後の会話のハードルが下がる感じがする。

また、その行った土地が故郷である人にとってどういう評価で位置付けがされているかも反応でわかる。

この前もただ行ったことがないという理由で淡路島と神戸三宮に行った。つまり俺はこれから淡路島出身と神戸出身の人と話がスムーズに出来る可能性がある、ということだ。

グーグルマップで見て行った気になっても無理があるけど、どんな感じだったか、を直接経験したことを伝えることで意味がある気がした。そういう意味で旅行はいいものだなー。と思った。修学旅行のとき沖縄に行けたのも遠いから行けてよかったなと思う。

東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、茨城、岩手、宮城、新潟、京都、大阪、岐阜、奈良、兵庫、沖縄、福島、静岡、それぞれ行ったことがある土地には思い出がある。

まだ広島、福岡、札幌、四国など行ったことがない場所ばかりだ。楽しみだな。 (神戸 ハーバーランド)