しんのブログ

報告と頭の整理的な役割を果たしている

飽き性と収益の関係性

スポンサーリンク

スプラトゥーン2をやるためにニンテンドーSwitchを買ったものの、1週間やってすっかりやらなくなってしまいました。しんです。

収益と継続

なんだか何をやるにもお金が発生しないと長続きしないなと感じています。金が発生すればやる気が出るので仕事は幸い続きます。 高校生になってからゲームが続かなくなってしまった。3DSで発売されたポケットモンスターオメガルビーも未だにミナモシティで止まっています。 クリアする前に辞めるみたいなことが多くなった。それともモンハンみたいに人とやってないからだろうか。モンハン楽しいよな。

それと同時に高校1年から始めた、お金が発生していたアルバイトは計5年も続けられました。

ということでニンテンドーSwitchは40000円くらいしましたが動いていないので無価値です。売れば3万にはなりますが売る気が起きないです。45で売れるなら売りますが。

ブログの継続とLinux

ブログは僅かながら毎日100円前後発生するのでやっぱ楽しいですね。

YouTuberも金が発生しなかったらこんなに発展しなかったのかなあとも思いますが、みんなの暇つぶしと興味で作られた「Linux」みたいな例を見るとプログラマーが変態なだけな感じもします。

謎は深まりますね。