1食200円以下の男料理ブログ

頭の整理的な役割を果たしている

自炊するだけで得がある

スポンサーリンク

自炊は三文の徳がある。安い。えらい。心満たせる。 昨日、仕事先の一人暮らししてる19歳の女の子に、冷凍うどんにオイスターソースと肉と野菜を乗せてレンチンすると美味い食べ物になる話を聞いた。炭水化物とたんぱく質がしっかり取れそうな良いメシだ。早く作ってみたい。

貧乏な若者は料理すると良い

人に会うと大体「なんか洗い物あんまりなくて美味い食べ物の作り方知りませんか?」みたいなことを話すと盛り上がったりする。あと「若い + 料理してる=えらい」みたいな風潮があってとにかく若くて金がない人は自炊したらいいと思う。

将来的にも役に立つし、料理はできて損はない。それにスーパーに行くのが楽しくなる。なんでも相場が決まっていて、目利きができるようになると楽しい。

心を満たす食べ物とコンビニ

料理が趣味とかではなくて、カップラーメンとか牛丼は食べてもカロリーは満たされるんだけど、自分はあんまり心が満たされなくて結局菓子パンとかお菓子を食べてしまいがちで結果的に財布がかさむみたいなことが多いから、自炊して安く仕上げて心も満たそうみたいなところがある。

コンビニ弁当とか高いし満たされないしで最悪だと思っている。

大体500円の弁当をコンビニで買ってる人を見ると合わせて菓子パンやおにぎりを追加で買っているおじさんなどがあって、腹が出ていたりする。人間楽を覚えるとツボにハマるシステムなんだけど、めんどくさい手間は自分の幸福に少し繋がると思っている。宗教的になってきたのでここらへんで。