しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

過去に実際にあった猟奇殺人系の事件に触れて思ったこと

スポンサーリンク

今まで読んだり観たりした猟奇殺人

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)

消された一家―北九州・連続監禁殺人事件 (新潮文庫)

冷たい熱帯魚

上記3つの作品に触れた。

どれも容疑者に対して言えることは人心掌握がうまいということ。

あとは警察サボりすぎ。もっと仕事しろだ。桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)については警察のサボり具合が酷すぎて、事件が悪化し、僕自身、警察は頼れない存在というイメージが完璧についてしまったし、どの事件に対しても、対応が遅れすぎだ。パトロールの回数を減らして、もっと事件へ目を向けるべきだと思う。逮捕されるまで 空白の2年7カ月の記録 (幻冬舎文庫)も市橋達也の逃亡がひたすら書かれた本で、警察の前を、通ってみたりする、市橋達也の行動がみられるけど、やっぱり気がつかなかったり、逮捕にすごい時間がかかっている。

詳細

リンゼイ・アン・ホーカーさん殺害事件 - Wikipedia

桶川ストーカー殺人事件 - Wikipedia

北九州監禁殺人事件 - Wikipedia

埼玉愛犬家連続殺人事件 - Wikipedia

本を読まずとも、このWikipediaのページで出来事について知れるけど、無限に時間がかかるので時間があるときに。それにしてもひどい。

人心掌握とサイコパス

消された一家と冷たい熱帯魚の殺人者はとても似ている。

人心掌握がうますぎる。相手につけこんで、脅し同様の洗脳。あとは周りから見たらすごくいい人。楽観的でなんていい人なんだ!と思うと裏でやばいサイコパスみたいな。

ジョジョの4部のように、やっぱり吉良吉影みたいな人は割と身近にいるのだろうか。

怖いなあ。

あとがき

桶川は暴力団とか絡んでいて、あまり関係はないけど、警察の無能さとストーカー規制法ができた事件なのでぜひ一度読んでもらいたい。

桶川ストーカー殺人事件―遺言 (新潮文庫)