しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

2015年あたりからYouTuberが一般的になって本当に嬉しい

スポンサーリンク

2011年、当時中学生だった自分は、部活と塾の間のたまーーに暇な日があるとYouTubeでYouTuberをみていた。

当時はmegwinさん、マホトさん、PDSさんの3強で、周りにガジェット系のYouTuberがカメラばかり紹介していた。ジェットダイスケさん、カズさん。

そのなかで異彩を放って一人ビートボックスで有名だったのがHIKAKINさんだ。

2015年

2015年、おととしあたり、ちょうどUUUMが出来たあたりからYouTuberはものすごく日に当たるようになった。

そして2017年、世間的に有名になって、「YouTuber見る?」となんとなーく友達に聞いて見ると「ヒカルはみてる」「水溜まりボンド面白い」「禁断おもしろい」「アバンティーズのリクヲが好き」と本当に多くの人がYouTuberに触れるようになった。

当時YouTuberの話ができる人なんて周りにいなくて、オフ会に行ったり、ツイッターで小さなコミュニティで賑わうレベルだった。でも一般的にはなかなかならなくて、周りに話ができる人がいなかった。そのうち、当時YouTuberが好きだった友達がどんどんツイッターからいなくなって、YouTuberの話をする人が周りからいなくなって、3年くらいYouTubeから離れた。

2017年

そして今年になってまた、たまにYouTubeを見るようになった。テレビで話題になっててびっくりして帰ってきたのだ。やっぱりいい。やっぱりYouTubeは楽しい。

無料だし、オフ会も無料、グッズもないからお金もかからないのに体を張って笑わせたりしてくれたり、自分が体験できないことを代わりにやってくれる。ヒカルさんなんて特にそうだ。

あとがき

一般受けして嬉しい反面、悲しいという、THE古参になってしまった。これからもYouTuberをおうえんしたい。

 

www.ba9man21.com