1食200円以下の男料理ブログ

頭の整理的な役割を果たしている

シェアハウスの一番のメリットと具体的な選び方

スポンサーリンク

シェアハウスは最初から生活に必要なものがある程度揃っていることが一番の大きなメリットだと思う。

シェアハウスの一番のメリット

シェアハウスの対として、一人暮らしを取り上げてみる。

一人暮らし本当に初めて始めると、今まで実家がどれだけ素晴らしかったかわかる。

まずだいたい一人暮らしでつまずくのか、生活用品の無さだと思う。ハサミから始まり、箸、スプーン、皿、お茶碗、ボールペンなどいちいち無いので買わないといけない。これがどうも不便だ。この前も米を炊こうとして米を買ったが、米を一合測る容器が無くて、それで食べ終わったらスポンジが無くてと何度も100均に足を運んだ。僕から言えることは引っ越ししたらまずハサミを買え。

食べ終わっても自分で食器を洗わないと後で見返したりした時に辛いし、風呂に行こうと思ったらシャンプーが無いとか、それで近いコンビニとかで買ってしまうと節約の「せ」の字も無い。

そんなこんなで初月は結構お金がかかる。

それに対してシェアハウスは初めからある程度揃っているのでここまでの大事故はない。家電もキッチン用品も一式あるし、お金に余裕がなくて、初めての上京とか考えている人は初めはシェアハウスに住んでバイトしてある程度お金が貯まったら、一人暮らしをすることを勧める。

それに一人暮らしは借りるとき、東京の場合は初期費用で少なくとも20万くらいかかる。借りるだけでだ。それに審査がある。
シェアハウスは初期費用ゼロで、初月家賃無料みたいなところもたくさんあるのでオススメだ。

シェアハウスの具体的な選び方

もちろん個室のシェアハウスもある。そういうシェアハウスが一番最強なんじゃないかって思うけど、初期費用ゼロは嬉しいとしても、個室のシェアハウスはだいたい家賃が普通に高いのであまり良いとは言えない。

シェアハウスの大手のサイトより下のルームメイトカフェで探したほうが割と安くて良い感じのシェアハウスが見つかる。

www.rmcafe.jp

素人っぽい物件も見れてなかなか面白い。

 

大手や企業が運営してるシェアハウスは、本気で不動産の事業のひとつとして稼ぎに来てるので、あまり住民のことを考慮してないなと、感じた。でもこれは僕の内覧経験なだけなので実際は住んでみたら結構良いのかもしれない。(企業とかのそこらへんも考慮して一度住んでみるのもアリなので住んでみようかなー)

 

駅徒歩詐欺や住み心地

内覧はもちろんのこと、駅徒歩だけは詐欺ってるところが多いので実際に自分で歩いて確かめること。
駅徒歩なんて歩き方次第でいくらでも詐欺ることが可能だ。「駅徒歩5分」で本当に「駅徒歩5分」なら、そこは凄く良い物件だと思って大丈夫だ。

あとは住民の住む年数など、出入りが激しい物件は何か問題があるのかもしれないから、「長い人は何年くらい住まれてますか?」とか聞いてみると良い。長い人が多いシェアハウスは住み心地が良いとかメリットが多い。

交流

シェアハウス内で楽しく交流!みたいな感じも勿論いいが、だいたいみんな疲れて帰ってきてお疲れモードの人が多いことがわかった。ちょいちょい話す程度で会話している。あいさつ程度というべきか。控えめに、あまりウザくなりすぎないように気をつけたい。

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

 

シェアハウスについて、わかりやすく書かれている本↑

シェアハウスについてこんな記事もあります 

www.ba9man21.com

www.ba9man21.com