しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

税込み価格と税抜き価格とお客様のことを考えたサービス

 

サイゼリヤは税込み価格だ。税込み価格はお客様のことを考えている感じがして好感が持てる。
ワンコインランチとかをやってる店とかでも、お会計をしたら540円でワンコインランチじゃない上にすごく損をした気分になる。
人間は得をした気分より、損をした気分のほうが避けたい傾向にあるらしいので、どこも税込み価格にしたほうがお客様から好かれると思うのに、8%になってから税抜き価格のほうが多く見かけるようになった。

10%に向けて企業は

確かにこれから10%になるのに8%の消費税が書かれた値札を店頭につけると手間がかかるが、それでお客様の損した気分を回避出来るならやるべきだとは思う。
10%嫌だなー。てか10%になったら1円なくならね?そんなこともない?100円で110円でしょ?8%だと結構1円出るけど10%てキリがいいから1円結構少なくなると思うんだけど、そうでもないやつ?

さいごに

税込み価格が好きだ。最近CASIOのそれなりに高い、大きな電卓を買ったら消費税計算に8%と10%計算があって、「ああ、そろそろ10%になってしまうのか」と感じた。たまにCASIOとかでも、昔のやつだと消費税計算が5%計算だったりして、「この電卓を作った人は将来消費税が上がることを考えなかったのかな」と思うと作った人は可愛いなと思う。

f:id:ba9man21:20170427170025j:image

199円。サイゼリヤは税込み。