しん20歳のショボい起業実践

報告と頭の整理的な役割を果たしている

水道水が飲めないバンコクに行ったらペットボトルの水が好きになった

スポンサーリンク

水が美味い。お昼ご飯を食べる時、学校からすぐ近くのスーパー、まいばすけっとで500mlで60円のお茶を買うんだけどバンコクに行ってからそれがどうにも高く感じてしまう。向こうだと21円くらいで買えるから。お茶なんてすごく高かった。

バンコクの気候と水

バンコクは水道水が飲めない。飲んでも死なないけど飲まないことをオススメする。バンコクに行ったらペットボトルの水を3日間で8本くらい買って飲んだ。バンコクは気温が高く、常に31度くらいだから自然とよく喉が渇く。湿度も高いから日本の夏によく似ている。イタリアとかそこらへんの夏はカラッとしているから一番良いなあと思う。沖縄とかも。それでバンコクでコンビニで1日に何度も水を買って飲んでいたら水が好きになった。

なんていうかもう飲み物は水でいいんじゃね?みたいな考えに落ち着いた。味がいらない。たまに飲むコーラは美味いけど基本的に水でいいと思った。お茶である必要もないなと思った。

日本に帰ってきてから水とお茶が同じ値段で売っているから一応お茶を買っている。まだ味が付いていた方がお得とか変な考えが残っているからだと思う。

水とコーラの応用性

これ、めちゃめちゃいい。

クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]

クリスタルガイザー 500ml×48本 [並行輸入品]

 

 


クリスタルガイザー、一本32円。
クリスタルガイザーって高いイメージがあったからこれは安い。しかもアマゾンで買えば重たい水48本をスーパーからよっこらせと運ばなくて済むし、これぞ通販の暴力だ。やっぱり一本32円は最強だし。水は残してしまっても料理に使ったり手を洗ったり、薬を飲んだり使い道がたくさんあるから便利だ。コーラとか砂糖が入った飲み物だと応用が効かない。バニラアイス乗っけてコーラフロートにしたり、凍らせてコーラアイスにしたりするしかない。いや意外とあったな。