しん20歳のショボい起業実践

報告と頭の整理的な役割を果たしている

久しぶりに写真を現像したら驚くほど簡単だった

スポンサーリンク

「写真を現像しなくなったよね」

と親とこの前話していた。昔は写真撮ったらカメラのキタムラとかに持って行って現像するのが当たり前だった。たしかにそうだったと思う。思い返すとなんか5歳くらいの時の写真はたくさんあるんだけど今の世の中「現像」を忘れてしまっていると思う。

まずスマホで写真を撮ったら

まずスマホで写真を撮影したら「netprint」という無料アプリで写真を選択して近くのセブンに行く。セブンのコピー機の横の機械で「netprint」から出力したコードを出して入力すると簡単に写真を現像できる。1枚30円で結構綺麗な写真が現像出来る。

すごいと思った。びっくりした。
昔はカメラのキタムラとか写真屋にフィルムを持って行ってから写真を受け取るまで待たなければいけなかったが今はスマホで写真を撮ったら近くのセブンですぐに現像できる。富士フイルムだから結構綺麗に現像される。誰かにプレゼントだとしてもセブンで現像したとは相手にバレないと思う。

現像して思ったこと

携帯のときは現像する手段さえ無かったが、スマホになってから人はもっと現像から離れたと思った。データで残して、バックアップ取るか、スマホを変えてそのまま写真のデータが全部消えるとかそんな感じで写真が扱われていた気がする。とにかく現像しなくなった今、久しぶりに現像したら30円で結構綺麗に現像出来た。簡単になったのに現像する人はそれでも増えないと思う。

どっちかって言ったらみんな写真のようにデータが欲しいだけで写真を撮ってもツイッターとかInstagramにアップしたらかなり満足しているんだろうなと思う。

プリクラとかも皆んな現像したシールなんて興味なくて本当はデータだけ取れればいいと思ってるんじゃないかなと思う。データだけで100円で取れたらすごくまた売れると思う。プリクラは楽しいし。でもデータだけだとプリント倶楽部自体の味がまた失われてしまうと思う。

最後に

現像するとやっぱり物で残るから、後で振り返ると楽しい。

この楽しさを忘れないようにしたい。