しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

30歳になったら体力の衰えを本当に感じてしまうのか

30歳になったら体力の衰えを本当に感じてしまうのか

30歳になって体力の衰えを感じると言っている人をよく見かける。自分はまだ10代なので、マジかよ嘘だろとしか思わないけど実際どうなのだろうか。
オールからのバイトみたいなのがあっても今の元気があればぶっちゃけこなせる。次の日もちろん一日寝る日になるけど。でも30歳にもなってオールしたなんて言う人聞いたことないし聞いてもただのバカかって思うだけだ。そもそもオール自体寝ていないから健康に悪いけど麻薬的な楽しさがあって好きだ。時間無限みたいな体力の対価として無限の時間を手に入れたような感覚になる。

30歳になったらそんな無限の時間も手に入らなくなるのだろうか。オールしたとか聞くと、痛いなあこの人とか思うけど実際、楽しい人と究極に有意義な笑ってられる時間を無限に過ごせるのはかなり楽しい。

友達とたくさん写ってる写真を見て「友達いるアピール痛い」とか言う人はいるけれどそういう人を見ると、「ああ自分もそうしたいけど本当に友達いなくて寂しいんだな」と思う。全然素直じゃないなあと思う。みんなと笑って写真撮るのはアピールでもなんでもなく楽しいの一点張りだと思う。2016年に学んだことはphaさんがよく言っている「人間みんな寂しい」ということと、「人に期待してはいけない」の2点だと思う、

将来「30歳になったのでオールしてみたらわかったこと3選」みたいな記事を書いていけるまでブログと付き合っていきたい。