しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

左目失明しかけて3週間が経った感想

スポンサーリンク

左目失明しかけて3週間が経った感想


無事治りました。あれから左目が見えるだけで「ああよかったなあ左目が見えるだけで便利だな」と当たり前のことに感謝するようになりました。やっぱり健康は失わないと、「何事もない健康体=ベストコンディション」だということがわからないので、健康に気をつけることは大事だと思いました。ベストコンディションの上にオシャレだとか身なりに気を使うとかその上の向上思考的な要素が出てくるんだなあと思いました。左目がほぼ見えなかった時は、左目のことしか考えられなくて、もう寝癖とかもどうでもいいとさえ思えました。

 

といっても健康体のときは全く健康じゃないときの自分のことなんて分からなくなってしまうのが人間の悪いところなんですよね。どうしますか。手のひらにでも書いておけばいいんですかね。