しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

一緒にいて楽しい人なら公園や近所のスーパーでさえ楽しい

スポンサーリンク

一緒にいて楽しいなら公園や近所のスーパーでさえ楽しい

f:id:ba9man21:20160819162724j:image

最近思うのが、遊ぶのは誰と遊ぶかが重要だなということ。ディズニーランドやUSJとか京都観光とか、圧倒的に場所が凄いパワーを持っている場所につまらない人と行っても話すことが無けりゃつまらないし、むしろ、話さなきゃとか思ってしまっている時点でアウト。もうそういう人とはあまりマッチしていないので、諦めよう。自分とマッチする人とは会った瞬間からドンドン会話が弾む。後からやっぱいいやつじゃんパターンもあるが、それはそれで面白いし、やっぱいいやつパターンは結構関係が続きやすい。
でも本当に一緒にいて楽しいー!と感じる人とはディズニーやUSJとかの圧倒的に凄いパワーを持っている施設に行かなくとも楽しい!と感じるのだ。まず場所はあくまでメインじゃなくてオカズみたいなものだと思う。

会話がメインディッシュ

ディズニーもUSJも面白い観光地もほとんど待ち時間がメインだということは薄々気付いてると思うから、そうなるとやっぱりメインディッシュは「会話」になる。だから「会話が弾む人」とならどこに行っても面白い。

昔仲の良かった友達と昔よく行っていた近所のスーパーに行くとそれだけで面白い。昔のエピソードとかで盛り上がれるし、ただ食べ物を選んでいるだけなのに会話が止まらないし、それこそ会話に重点が置かれているからこそ、居酒屋は売れているんじゃないかなと思う。それにイオンモールとかスーパーとかウィンドウショッピングなども入園料とかも当たり前だがもちろん無いのでコスパもいい。入園料の浮かせれば4000円のちょっとリッチな食事も出来る。だから本当に仲のいい人とは会話が面白いから凄いパワーを持った場所に行かなくてもいい。

最後に

でも、どんなに面白い奴でも毎日遊ぶと流石に飽きるからレア感も増す月2とかがベスト。っていうかこれが結構大事な部分はある。なんでも程度が大切なのだ。