しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

楽しいことがあったあとに嫌悪感に襲われる

ときどき楽しいことがあると

ときどき楽しいことがあったとき、1人で帰っていると充実感が何か不安に変わる。こんなに遊んでていいのか。何してるんだろう。もうなんか嫌だ。めんどい。と嫌悪感に襲われる。本当に嫌だ。もう何もかも捨てて、海でも観に行きたい気分になる。普段はなんか強がっている気がして嫌だ。バイトを辞められないのも嫌だ。次のしたいことがあるのに出来ないのも嫌だ。子供なのだろうか。もう全部全部嫌になってしまう。この衝動は一時的メンヘラって呼んでる。こういうときは大体好きな漫画とか面白い本を読んだり、人と話すと落ち着く。現実逃避は現実を生きるためには必要なのかもしれない。それにしても少し現実逃避し過ぎなのだ。このままでいいのだろうか。