しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

なんにも人の役に立たない記事を書くことの楽しさ

スポンサーリンク

なんにも人の役に立たない記事を書くのが、なんだかんだ一番面白い。書いていて一番筆が鳴る。(筆が鳴るってかっこいいな)面白い漫画ランキング100とかヒッチハイク記事とか作ろうとするとなかなか、こりゃまた面倒だと感じてしまうのだ。それに比べて自分の言いたいことをバンバン言って、誰にも読まれないような記事を書くのが、一番楽しい。これこそブログの一つの楽しみだと思う。意識の高いはてなブログで、アメーバブログみたいな使い方をするのだ。

自分の過去話

自分の過去話をブログにするのも滅茶滅茶面白い。でも自分が何部だったとか何が好きだっただとか、はっきり言って超どうでもいい。自分の凄いファンがいたら「どうでもいい話」が一番面白いんだろうけどファンがいない自分にとって本当に誰得やねん!!みたいに自分で書いていて思うことがある。それでも書くのは楽しいのだ。 

一番筆が鳴るし気づいたら1000文字みたいな。1000文字ってあれそんなに多くないか??まあとにかく、ブログを続けるためにはどうでもいい記事と少し役に立つ記事を書くのが自分にとって良いモチベーションとなっている気がする。

てこんなことを言っているかあまり検索から読まれずもちろんツイッターからも読まれず、いつまでも不人気ブロガーなのだと思うと少し落ち込んでしまう。が、しかし、楽しいことは楽しいのでこれからも続けるのだ。