読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

スマホの電池が切れたときの電車での過ごし方

思いついたこと
スポンサーリンク

スマホの電池が切れたときの電車での過ごし方

スマホに全ての空き時間を取られていないだろうか。今回はそんな全ての空き時間をスマホに取られている方が電車で電池が切れたときのライフハックを紹介する。ライフハックって言葉。一度使ってみたかった。

特にオススメする2つは

  1. 読書をする
  2. 百万円あったら何に使うか考える


その他の3つ

  1. 寝る
  2. やってみたい仕事をリストアップする
  3. 夏の予定を立てる

このくらいだろうか。
百万円あったら何に使うかとかは面白い。妄想買いといって買っていないのに買った気分になれるように中々メリットがある。

でも1番オススメなのはやっぱり読書だ。
紙の本を一冊でもカバンに入れておくだけでスマホの充電がなくなったときにすごい役に立つ。こんなアナログな遊びはなかなかない。遊戯王、デュエルマスターズ、けん玉、トランプ、人生ゲーム、読書など。電源を必要としない娯楽はなんだかんだ言って最強なのだ。

本の選び方

本は何を買えばいいかわからないときはベストセラーを読んでみてもいい。ワンピースでもナルトでもハンターハンターでもいいし、夢をかなえるゾウでも7つの習慣でも、できるだけ多くの人に読まれた本であればあるほど「最近これ読んでるんですよね〜」という会話になったとき「あっ!私も読んでます!」と仲良くなれるかもしれない。
ハンターハンターやワンピースを読んでも頭良くはなれないが、そのハンターハンターやワンピースの話がきっかけで一生付き合える仲間が出来る可能性は大いにある!

 

 

話は逸れたが電車で電池が切れたときは、読書か百万円あったら何を買うか。これに決まり。