読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

ツイッターを5年間続けてわかったこと

思いついたこと
スポンサーリンク

ツイッターを5年間続けてわかったこと

ツイッターを始めたきっかけは周りがやっていなかったからだ。中学2年生、2011年の2月、3.11のちょうど1ヶ月前くらいにツイッターを始めた。2011年のツイッターはすごい。周りが本当に誰もやってないのだ。クラスでもやってるのは3人くらい。当時友達とKPOPにハマっていて韓国の聖地、新大久保に月一で出掛けていた。その3人でツイッターにハマっていた。


2011年のフォロワーが多かったユーザーは「ガチャピン」だ。あのガチャピン。それ以外思い当たらない。それくらい芸能人でもやってる人は少なかったしそれこそラインも流行ってなかった。

ツイッターを続けてわかったことはユーザーが増えて友達が増えたことだ。インターネットで友達が出来た。ツイッターをやっているのは今ではなかなか常識だと思っているから逆にやってないひとはナゼやっていないのか不思議だ。

フェイスブック

フェイスブックに関してはメッセージの送り方もわからないくらいわからない。フェイスブックは謎だ。来年から社会人になるにあたってフェイスブックを始めたらいいのか迷っている。だが自分にはそんな意識高い発言出来ないし結婚式の披露宴に招待された投稿なんてそうそうできないからフェイスブックはやってもつぶやくことがない。

ツイッターを始めたばかりの人へ

ツイッターを始めたばかりの方はよく「何をつぶやいたらいいかわからない。どうやったらフォロワーが増えるのかわからない」と呟くがまさにそれを呟けばいいのだ。「何をつぶやいたらいいかわからない」だとか「新宿なう」だとか「今日な晴れてるから日焼けしちゃう。マジやだ」だとか思ったことを素直に発信。発信。フォロワーの増やし方は気になった人をフォローするところから始める。芸能人でも好きなアイドルでもリア友でも身内で楽しんでもいいのがツイッターだ。


楽しもう!次のSNSが現れるまで