1食200円以下の男料理ブログ

頭の整理的な役割を果たしている

名字が遅いことのメリット、デメリット

スポンサーリンク
 
名字、早いですか??ア行から始まる人は早い人です。僕は比較的遅い方なのでこの遅い人のことについて考えてみました。
 
メリット
 
  1. あ、から回るので授業中に問題が回ってくるまでに対策ができる
  2. 列の後ろの方になる
学校で感じるメリットはこれくらいであろうか
 
 
デメリット
 
  1. 番が回ってこない
  2. 列の後ろの方になる
 
全然思い付かないのはこの世がうまいように出来てるからなのだと思うけど、この1番だ。
 

番がまわってこない。

 
この番がまわってこないというのはなかなかいい思い出がない
高校のとき進路相談をホームルームの際に行うのだが一回で5人くらいしか回らないので結局進路相談が回らないままおわることが多かった。
進路相談したくない人は喜ばしいが相談の機会が設けられてるのに名前が遅いだけで回ってこないのはどう考えても理不尽だと思った。
 

でもメリットもある

でもメリットもなかなか嬉しいことがあって問題が回ってこないということだ。英語の文を1行1行訳していく場面でア行から始まった場合まず自分の番までには解決できてる。まあ家で予習しろよって話になるが授業内で解決できてるのはラッキーだと思っていた。
 

もしかしてこれは

 
ってあれこれってア行に生まれれば予習できる人になれてたってこと?てか名前が早い人ってなんか頭いいイメージあるの気のせい??