しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

僕が4年間のアルバイトで学んだこと

スポンサーリンク

アルバイトは学べた。面白かった。今でもそう感じる。休憩さえいらないと思えるバイトに出会えたことに感謝する。ラッキーだ。

 
f:id:ba9man21:20160619013414j:image
 

 

アルバイトで学んだこと

 
まずアルバイトをお金を稼ぐことだと認知してはいけないと思う。
 
アルバイトとはこうだ
  1. やってみたい職種で働ける
  2. 仲間や友達ができる
  3. ついででお金をもらう
こんな感じだと思う。
 

ドラゴンクエストの世界

 
(トルネコを除いて)ドラゴンクエストで武器屋になることはできない。教会の人になることもできない。
 
だけどこの世では日本ではお客様とお店側がある。
 
で面白い仕組みなのがやってみたいお店側になれるということだ。
 
アルバイト募集の張り紙があったらもれなく次の週から働ける。それがこの世の面白いところ。
 
やってみたい職種で実際に働けるのは面白いことだと思う。
 

仲間や友達

友達が出来るのだ。アルバイトを始めれば必ずと言っていいほど好きな人と嫌いな人が出来る。全員を好きになる必要はないから嫌いな人もできる。だけど自分が苦手だなって思ってる人はきっと相手もそう思っているのだ。だから冷めた関係を続けよう。
 
話が逸れた。
 
とにかく友達ができる。その友達と愚痴を言いながら食べる飯はうまいのだ。メシウマ。この言葉に限るのだ。愚痴を言う飲み会に参加するのが嫌な人間もいるが美味いものは美味いのだ。
 

お金はついで

 
お金はついでくらいで考えると面白い。あくまで憧れの職種で働かせていただいている。で裏側を知れて友達が増えてついでに1ヶ月後にお金をもらえちゃう。このくらいで考えると面白いと思う。
 
お金がたくさん欲しいなら風俗や深夜のコンビニで働けばいいと思う。
 
だけどお金とその他の楽しみも欲しい人はお金のことはついでくらいで考えると面白いと思う。
 
 

アルバイト

 
アルバイトは面白い。アルバイトなんてやってないで勉強したほうがいいのはわかる。いやわからない。
 
 
が、アルバイトなんてやってないで勉強したほうがいいなんていう人は、学生時代アルバイトしなかったんだな、アルバイトに打ち込まなかったんだな、アルバイトでいい思い出がないんだな、職場の運がないだけなのになあとも思う。
 
 

アルバイトのことが

 
好きだ。