読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

仕事を好きになる方法

スポンサーリンク

こんな今年19になった学生がこんな話題を出すと。「おいおい若えのが仕事について語ってんじゃないよ」とか言われそうだが19の時点でわかったことがあるので書いてみる。

 

 

f:id:ba9man21:20160619011817j:image
 

 

幸せを感じやすいこと

キッチンとホールで働いてみた。
キッチンはお客様の顔が見えない。だから仲間と仲良くなる。チームワークが楽しいと思える。逆にここで馴染めないとキツイ。キツくないとしても仕事面で面白みを見つける必要がある。仕事より簡単なのは周りと仲良くなることだと僕は思う。
 
ホールはお客様と仲間と仲良くなる。お客様が目の前で反応をしてくれる。笑う。喜ぶ。美味しいと声をあげる。自分が作っていないものとしても言われたら嬉しい。接客業は承認欲求を軽く満たせると聞いたが確かだと僕は思う。
 
キッチンはお客様からレスポンスつまり反応が得られないからやりがいを感じるのはやっぱりホールと比べたら難しいと思う。
 

仕事を好きなる方法

 
お客様の顔が笑顔になる。喜ぶ。笑う。ことを見ることがそのままヤリガイに感じると思う。ヤリガイを感じると好きになる。面白いと感じる。
 

勉強が苦手だ

 
僕は勉強が続かない。中学校のころの塾はそれは楽しかったが学校の勉強は苦手だった。勉強はすぐに結果が出ない。頭が良くないからすぐに結果が出るものが好んでしまうのだと思う。
 
すぐに結果が出る仕事は好きだ。大人にバカにされるかもしれないが好きだ。
 
仕事は、接客は、すぐに結果が出る。目の前でお客様が笑ったら勝ち。
 

アルバイトで学んだこと

アルバイトは人を笑顔にしてお金はついで、仲間と仲良くなったらそのお金でご飯を食べる。職場での面白かったことをオカズにご飯を食べる。
 
 
このご飯はすごく美味しい。きまって美味しい。