読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しんのブログ

頭の整理的な役割を果たしている

勉強を始めることさえ苦手な人にオススメな4つの勉強法

スポンサーリンク

f:id:ba9man21:20160219135657j:plain

これが4つの勉強法

  1. 10分勉強法
  2. コンテニュー法
  3. これだけ法
  4. 飽きたら場所を変え法
 

1、10分必勝法

それはまず10分と決めて始めること。
 
おいおいおい!その10分が始められないんだよ!
とツッコミを入れようと思ったそこのあなた!最初から5時間やろうと意気込んでいませんか?人間5時間やろう!と始めても5時間という圧力に負けて出来っこない!と逃げてしまいます。
まず10分!10分なら誰だって出来るはず!よし!!10分だけ相手してやろうくらいの気持ちで始めましょう!
 

2、コンテニュー法

このコンテニュー法は10分勉強法からの応用技です。10分勉強します。10分終わります。なんだか10分で終わりません。10分勉強した方ならわかるはず「あれっもうちょい続けられるぞ?」そしたらコンテニューだ!!
 
この「あれっもうちょい続けられるぞ?」という気持ちが大事!
そこからまた10分!でコンテニューしたくなったらコンテニュー!これを繰り返すうちに勉強が始められなかったはずが1時間経過!なんてことがあります。いやないでしょ!とか思うけどあります。。
 

3、これだけ法

勉強に飽きます。そりゃ人間の集中力は最大でも90分。大学の授業が90分なのも脳科学的に集中力が90分だから。うわっ勉強やめてぇ!スマホいじりてぇとか思う瞬間が必ず到来。
しかも勉強もキリがいい!もう自分の集中力は0だ!と諦めた瞬間に発動です!
いやっまだやれる!かめはめ波は撃てないけど気なら少し出る!程度の気力はまだあるはず!
これで終わりだぁと叫びながら英語ならもう一問解きます。そうすると「これだけ」と始めたものの何故か何問か解けるような気がしてくるのです。不思議ですが試してみてください!
一問解けたことにより自分は最後の最後まで振り絞ったんだという気持ちが次回へと繋げます。「あのとき力を振り絞って出来たじゃないか!俺ならできる」という気持ちが湧きます。次回にも繋げられるからこれはマジオススメ。
 

4、飽きたら場所変え法

飽きたら場所を変えましょう!飽きてしまったのは仕方がない!自分が悪いわけではありません!環境が悪いから、その場所の風景に飽きてしまったから勉強にも飽きてしまったのです。場所を変えればやる気もまた新しく生まれるものです。部屋でやっていたらリビングへ。ファミレスでやっていたら席移動だけでも効果はあります!僕はショッピングモール内を駆け回ります。フードコートはめちゃめちゃオススメ。
勉強に飽きたら場所を変えましょう!
 
 

俺は勉強を始められなかった

俺も同じ現象か起こってた。勉強集中の前に始めることができねぇ!!と悩んでいたけどこの本を読んで始められるようになった。
その他にも無料でファミレスやスタバ以上に効果が出る勉強が出来る場所とか書かれてたりしてめちゃめちゃためになった。さらに高めたい人にはオススメ!